Aqua Experience -のんびり水槽-

自宅にある水槽のことをのんびり書いていきます~

金魚が水槽へ引っ越しして、一晩経ちました。。

本来ならば2,3日エサやりはいけないんですが、この家にやってきてから全くエサをやっていないので、そうも言ってられません。。
餓死なんて本末転倒ですから・・

実は実家に水槽セットを取りに行ったとき、エサも探してあったんですがさすがに期間が空きすぎてこれはまずいだろうとそのまま捨ててきました
帰りに買って帰ろうにも、もうお店もしまっている時間帯だったのであきらめたんですが、もうほんとに買っとかないとまずいです。

また、仕事帰りが遅くてお店で買うことは難しかったんですが、ディスカウントスーパーならないかと思って寄ったらありましたっ
金魚のえさ

IMG_0817


買って帰って、すぐ入れてみたら水面でぷかぷか浮くタイプのエサで、金魚はあまり気づいてないみたい
時間経てば気づいて食べるのかな?

さて、水槽の準備もできてエアレーションも一晩かけてやりました。。

水温も22℃に調整できているので、さっそく引っ越しです。。

床砂もない状態ですが・・

受け入れのための準備が最低限なために、より慎重に進めないといけないです。。

なので、いま金魚が入っている洗面器の水は大切な培養媒体なので、これはフルに使い切るつもりでやります

まず、水槽の水をコップ一杯ほど洗面器へそそぎます
そこから、20分ほど放置・・

これを3回繰り返します
金魚自体に水温・水質に慣れさせるためですね

そして、本来ならば、仕上げで生体だけを移動させるのですが、用心していままでいた洗面器の水もすべて移動します。
より、いままでいた環境に近づけるためです。。

そんなわけで、移動完了しました。。
ほんと殺風景な水槽ですが、エアー+水温が整っているだけまだいいのかな?

水槽移動があったので、エサはまだお預けっと言うかまだ買ってない。。

今日は、会社帰りに実家に寄って水槽グッズを持ち帰りました。。

以前金魚をメインにした水槽グッズが豊富にあるので、なんとかなるかなぁ~と

実家に立ち寄り、半分倉庫と化したへやに行くと放置された水槽群が・・

一応60cm水槽をなんとかと思ってきてみたが、実際見るとこれはでかい
食堂にある、ごみ箱を収納する棚の上に乗っけるつもりなのであまり大きさ的には冒険はできないので、どうしたものかと、思ったら足元に45cmの水槽!!

私の記憶からはすっぽり抜け落ちてたが、どうも親が買ったものらしい
しかも、状態も結構よくあまり使った形跡もない、しかもエアーポンプやフィルターまである!

聞いてみたら持ってっていいとのことなので、以前使ったサーモスタットとヒーターも一緒に持ち帰りました

さっそく水を入れて、エアレーションをはじめ、サーモスタット+ヒーターで適温にしつつ一晩寝かせることにしました。。

金魚たちの引っ越しは明日だなぁ

さて、うちにきた4匹の金魚

いまだ、洗面器にゆらゆら泳いでます。。

水は、金魚を受け取ったときの水をそのまま使っているので、水質は心配ないです
また、意外と金魚はエサを与えなくてもしばらくは耐え忍ぶこともできます
(逆に与えすぎるとよくない)

ただ、ここで一番心配なのは水中の酸素の含有量です
幸い洗面器を使ってるので空気に触れる面積はかなり広く取れているので、ビンや袋に入っているよりマシな酸素を取り入れる環境ですが、マシというだけでベターなわけじゃありません

というわけで、以前使っていた用具を実家にとりに行かなきゃなぁ・・

今日、嫁の実家へ預けた子供を引き取りに行ったら、

子供が「金魚もらったよっ 飼っていい?」っと聞いてきた

はっ?突然のことで意味も分からず家に上がったら、確かに洗面器wwに4匹の金魚が・・・

よくよく、見ると通称エサ金とよばれる金魚で、黒2匹が出目金、赤2匹が通常種だ

ことの経緯は、近くのイベント広場で子供向けに金魚鉢をつくる企画がありその一環で金魚すくいの金魚が提供されていたようで、遅れて行ったうちのこは
そのまま金魚を提供されたみたい。。。

どうすんだ、これ・・

何を隠そう、数年前金魚を飼ってたことがあって飼育は大変なこと、またこのような小さな個体は生存させるのは難しいのも知っている
だけど、それを理由に無責任に放置するわけにもいかないので頑張ってみるか

その日は洗面器抱えたまま車で自宅に帰りました

このページのトップヘ