Aqua Experience -のんびり水槽-

自宅にある水槽のことをのんびり書いていきます~

2013年12月

朝になって水槽を見ると、やはり水面に黒の出目金が浮いていました。。

もう動かないからだが、エアーの水流で漂っているさまは数年ぶりに見てもやはり慣れるものではないです

子供がまだ気づかないうちにティッシュに包んで、庭にある木の根元に埋葬しました

正直金魚すくいから、この家に来てこの金魚にとっていいことだったかはわかりませんが、もっといい環境がつくれたかもしれないという後悔はあります

生き物を飼うということは、こういう事態に直面することは避けては通れないので、そのときがきたときにやるだけのことをやれたと思えるようにお世話をきをつけないとと思いました

白点病が発覚して最初は黒の出目金一匹だと思ったのが、じつはもう一匹の出目金もそうでした。。

また、いつの間にか赤の地金につつかれたのか尾びれと背びれがぼろぼろに

見ていて痛々しいがえさを与えるとちゃんと食べようとはしています

ただ、ちょっと目を離すと水槽の下のほうにじっとするときが多くなってる気がします

こういう動作をするときは、それは何を意味するのかはわかっていますが、どうすることも出来ないです
体が小さくて、およぎがうまくないのでがんばってる姿がほんとうに辛いです

元々、金魚を連れてくるきっかけになったのが、うちの子だったので

うちの子もよく水槽の金魚をよく見てたようで。。

「なんか黒い金魚に白いのついてるよ?」って言って来た

!?

もう、この言葉聞いたときは、あーきちゃったか・・と
でないに越したことはないですが、金魚ではかなり高確率で出る病気で白点病ですね

基本病気の対処法などはあるのですが、生体の品種があまり強くなく、小さいため乗り切れるかはかなり分が悪いです
ですが、最善は尽くすので、まずコリドラスたちには悪いけど、塩を大量投入・・
そして、温度を一気に26℃まで上げます・・・

これで、様子見ですね・・

壁面のコケ対策で買った石巻貝2匹

一匹は結構動き回るのに、もう一匹はあまり動かない。。。

張り付いてるのがみれるので、死んでるわけじゃないのはわかるんですが・・
やっぱり、人間といっしょで運動神経とかあるんだろうか?

まぁそんなにコケが発生しているわけじゃないので、のんびりしてていいんだけどね

まぁこれは過去の経験から知ってはいた事でしたが、金魚は結構他の個体をつついたりします。。

異種ではなく、同種のものも尾びれや背びれをつついてぼろぼろにするとかも結構あったりします

今回も、それは起きて基本泳ぎがうまく早い部類の赤い地金が、黒い出目金をつつくのが目に付きます。。
また、黒い出目金は大きさも小さいためか底の部分から水面近くにあるえさをとりにいくのもちょっと一苦労なところがあります。。

金魚は体が小さいときはちょっとしたことですぐ体調を崩し最悪、死となるので本当に怖いです

このページのトップヘ